スライス 矯正 初心者

Image Replacement

世界最新ゴルフ上達プログラム


ボールを打たずにスライスを治す

スライスと名前を聞くだけでゾーッとする経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
いきなり第一打がスライスでOBだとその時点で戦意喪失になってしまいますよね。

初心者ゴルファーにとってスライスはそれほどいやなものなのです。ではスライスを治すには何をすればよいのでしょうか。


治す前にスライスになる原因を考えてみましょう。スライスが出る原因は簡単にいうとゴルフクラブのヘッドのフェースを開いた状態でインパクトしているからです。

では何故インパクト時ヘッドのフェースが開いてしまうのでしょうか。

主な原因は3つあります。

1つは、スイングです。
スイングがアウトサイド・インになっているとスライスになってしまいます。

2つ目はグリップです。
左手のグリップが浅い(左手の甲が半分くらい正面を向くのが基本)とスライスが出やすくなります。

3つ目がアドレス時の右肩が前に出すぎているとバックスイングがアウトサイドに上がりやすく、当然アウトサイド・インのスイングになりスライスになってしまいます。以上の3つがスライスになる主な原因です。

この3つのポイントをいつも意識してスイングするだけでスライスは大きく減らせます。素振り練習でスイングをインサイド・アウトになるように常に意識して練習しましょう。




スライス矯正法

スライスになる原因が分かれば、次はその原因を克服する練習をすればよいのです。

アウトサイドインのスイングを防ぐためには、ヘッドをアウトサイドに上がらないように意識する。

しかしインサイドに極端にバックスイングをしすぎると、ダウンスイングで右肩を前に突き出さないとスイングできなくなり結局アウトサイドインになってしまいます。

スイング以外では、グリップです。グリップをフェースが開きにくく、ボールを捕まえやすいフックグリップにすることです。

フックグリップの特徴は、右利きの人の場合、左手の指の第二関節が3つ見えるぐらいに深く握り、右手は、左手のひらに合わせて握ります。

このフックグリップで、スイング中にフェイス面が開きにくくなってスライスを防ぐのです。

またフックグリップ以外にスタンスも右足を半歩ほど引いたクローズドスタンスによりインサイドからのダウンスイングがしやすくスライスが出にくくなります。

このようにスライスを直そうと思えば、球筋が全く逆のフックを打つためのアドレス・グリップ・スイングでスライスが克服できるのです。